読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすがイタリア製? シーコンコンフォートバック

これまでのところ、飛行機輪行で最強なのは、
オーストリッチのOS-500、というのが個人的な評価だった。

f:id:nupuri:20100926162514j:image

これまでのところ、国内、海外ともトラブルはない。ただ、
RDがどうしてもバックの角に来るので、念のため
エンドから外して、タオルで巻いて、シートステーの間に、
テープで固定しないとならないのが面倒。

あと、ペダルも外さないとだめだし、
フロントギアが、裸のままだとバックを突き破りそうな感じなので、
(破れたことはないけど)、ギアカバーをしないとならない。


RDを外すのは簡単だけど、エンドは柔らかいので、
付けるときに垂直に入いらずに、ネジをなめやすい。
実際、なめてしまったことがある。


あと、キャスターがついていないのも運びにくくて大変。


で、シーコンのコンフォートを導入してみた。
f:id:nupuri:20100921131846j:image


この間の能登遠征で使ってみた。
しかし、これがネットの評判とは違って、ちょっといまいち。


まず、良い点を書いておこう。

1. キャスター付きは楽。空港でゴロゴロ引きまわせる。駐車場が遠かったけど、楽に運べた。

2. ペダルもRDも外さなくてよいのは楽。サドルバックも付けたまま。

3. パッドは全体に厚く入っている。


で、悪い点。これがたくさんあるんだなー。

1. 全体に作りが悪すぎる。 

ジッパーは弱々しく、かつ粗悪品で、慎重に閉めないと、
ちゃんと噛み合わさらない。世界のYKKを使えよ、って感じ。


内部に、フォークとリアエンドを固定する金具とクイックがあるのだけど、
精度がとても悪い。フロントフォークの固定部分は、平行がでていなくて、
おまけに、微妙に幅が広い。クイックは粗悪品。要交換。


2. バック下部が垂れ下がっているので、地面と接触する。 
結果、早くも破れてきた。 スーツケース用のバンドで固定することを検討中。


3. パッド(マジックテープ付き)が2つ付属していたのだけど、
何に使うのかよくわからん。

そもそもマジックテープが、メスーメス(っていうのか)
なので、くっつかない。 まあ、なくても問題ないが。


4. 内部にホイール収納ポケットがあるのはよいが、それ以外に小物収納ポケットは1個しかない。

かゆいところには手が届いていないな。


5. ホイール収納部分のパッドが厚いのはよいが、ハブ軸付近の補強はいまいち。

クイックを抜いたあとに、プラスチックの保護具(ホイールを買ったときについてくるやつ)
は必須。横着して、片方付けなかったら、早くも破れかけていた。
つまり、飛行機に載せるときに、横倒しにされてしかも引きずられている、ってことだ。
飛行機輪行は、それを前提としないとだめ。
引き渡すときに、いくらおねえさんが丁寧に運んできたとしてもね。


6. RDはやはり、角に来るので、保護用の金具がついているのだけど、これを付けると
クイックの意味がなく、フレームの取り外しが面倒。


7. 後輪を外すと、当然チェーンが緩むので、チェーンを張る小物何かが欲しい

そういうのは付属していない。RDの保護のためにも、欲しい。


8. 重い。5kgはある?

シューズやら何やらをいれて、空港カウンターで15kg以上。他の荷物を加えると、
下手すると無料の上限20kgを超える。
ANAなら、プラチナメンバーなので、40kgまで無料だから気にしないけど。



どこかの日本のまともなメーカが作れば、もっとよい製品になるのになあ。
これが、国内価格5万円以上! 
wiggleで買ったので、3万円ちょっとだったけど、それでも高いな。


結局、オーストリッチのバックでもよいかもしれんな、と思い始めた。
まあ、もうちょっと使ってみよう。