読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

照葉樹の森 サイクルジャンボリー

大隅半島で開催された、26km, 標高差830m (累積 940m)のレースに行ってきました。

「第3回照葉樹の森サイクルジャンボリー」
http://kgcf.net/syouyoujyu2010.html


海抜0mの錦江町から公道を封鎖してのヒルクライムレース。
普段練習している薩摩半島とは錦江湾を挟んで反対側ですが、地元鹿児島なので、
セカンドウインドとしては活躍せねばなりません。


ヒルクライムレースとは言ってもちょっと変わっていて、
最初5kmくらいで200m登って、12kmくらい下り&平坦、10kmくらい登るという
あんまり経験のないレイアウト。

先週試走したばかりなので、コースの把握はバッチリ、、、、だったはずなのですが、、、

招待選手のアイサン中島選手、鈴木選手、地元鹿屋体育大のU23チャンプ山本選手ほか、体大の招待選手8名、一般参加者は、200名超?と、ローカル大会の割にはなかなか盛況。


招待選手の後ろでパレード走行のあと、登りに入って先導車で赤旗が振られてレーススタート。


山本選手や鹿屋の選手がスーッとペースを上げる。
いちまるキャプテンとついて上がっていたら、後ろと結構離れてしまった。
ここで一瞬悩むがキャプテンが行けそうなら行って、と。
割と脚の調子が良さそうだったので、招待選手について登る。


登りきったところで、前に招待選手の数名のパック、その後ろの一般選手と招待選手の混成の
少人数グループに入る。
後ろは見えないくらいに離れてしまった。


結構一杯一杯で、招待選手に助けられつつ回しながら、田代に向かって下っていると、後ろから
軍曹、マーク、てつ、でん、くにきよ、パラボラの選手を含むセカンドウインド列車到着。


ふー、助かった。マークさんががんがん引く集団でちょっと休みつつ、
田代を右折して、平坦を回しながら本格的登りに備えるが、ここで、痛恨のミス!


もう一カ所の左折ポイントで、警官が分かりにくい誘導の仕方をしていて、そのとき
集団先頭だった私がまちがって直進してしまう。


慌てて本来のコースに戻るが集団はだいぶ先に行ってしまった。
ちょっと待っていてくれているようだったけど、追いつけず、ここからほぼ一人旅。
ああ、やっちまった。


後悔してもしょうがないので、花瀬公園から6km 600mのきつい登りに入る。
前の集団は見えているが30秒差くらいか。
幸い、後ろの集団はまだ小さくしか見えない。
アイサンの中島選手がやってきて、ペースを作ってくれて
助かるけど、付いて行くのがやっと(^^;


やがて、クニキヨさんに追いつく。一緒に行きたかったけど、既に一杯であったみたい。
その先に見えていたパラボラの選手にゴールで追いつきたかったけど、
ぎりぎり届かず。最後はもがいて、ゴール。 
調子良かっただけに、コース間違いは痛かった。
最後まで勝負したかったなあ。


それでも40代クラスではまあなんとか優勝 (出走50人くらい)。
2位は前に一緒に練習したうるうさん。
最終的に3分くらい差がついたようだったので、やはり最初の逃げに乗ったのは正解だった。
3位は大石さん。やりますね。


f:id:nupuri:20110523075422p:image


賞品をたくさんいただきました。
f:id:nupuri:20110522174042j:image



でんくんは、ゴール直前でまたもや落車したようだけど、当然の10代トップ。
30代はギンリンのきんにくんにやられてしまって軍曹くやしがる。
マークさんが3位。最近は登りも強くて手がつけられない。

f:id:nupuri:20110522144404j:image


帰りは、鹿屋に進学した神田選手や他の女子選手とおしゃべりしつつ、のんびりサイクリングで
会場に戻ってきました。
鹿屋の選手は、みんな「そうっすねえ」みたいな体育会系言葉で面白かった:-)



東北復興祈念チャリティオークションでは、「アイサン中島選手と1日練習orサイクリングできる券」を
川崎さんがゲット。全日本が終わったくらいに、セカンドウインドの練習会に来てくれることに
なりました。楽しみです。