読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツールド北海道市民(その2) day0-day1

今回もTdHは、地元DOKYU藤原選手、DOKYU関東組(浅倉選手、新出選手、西島選手)、Ready Go Japan ヨネクロフ大佐=米田選手と行動を共にさせていただく。

 

千歳空港でピックアップしてもらい、大佐号を私が運転して勝手知ったるヒラフに到着。天気はとてもよい。宿は泉郷の裏でStart/Goalまで1km地点と絶好。さっそく、ゴール前の15kmほどの試走に行く。

アンヌプリからの長いダウンヒル後に結構な登り返しがあって、しんどそうである。

 

f:id:nupuri:20130913152918j:plain

 

で、翌朝。朝から土砂降り。またかよ。この時期、TdHは

高確率で雨である。去年も土砂降りだった。一昨年も。

テンションダダ下がり。

 

しかし、スタート時には雨は上がった。

Aクラス(登録、未登録、高校生)108名同時にスタートする。

オッティモ武末選手が優勝候補筆頭なのは明らかだけど、

DOKYU五十嵐さんから、フリーダム佐野選手が強いと聞く。

 

最初の坂は前から5,6番目で登る。集団はかなりゆっくり。

登り切ったところで、フリーダムの選手がしびれを切らして

抜けていく。あ、ちょっとまずいかな、と思って追ってしまった

けど、追いつかない(^^; 

(佐野選手かと思ったらチームメイトだったみたい)

 

そのうち、DOKYU本谷選手と数名がやってきたので乗る。

けど、フリーダム選手には追いつけずにゴルフ場で集団吸収。

無駄に脚を使って、また長い登りに入ってしまい。ちょっと苦しい。

それでもまあまあ調子よく、ピークを10番手くらいで越えて、

濡れた下りに入る。

藤原さんが右手からスーっと前に上がっていく。

 

悲劇は次の右直角コーナーで起こった。ここは、試走の

時から要注意と思っていたけど、広いので大外を普通に回る。

しかし、内側から「真っ直ぐ」突っ込んでくる選手が。

なんとか衝突を避けるものの、道路外へ押し出される。

溝があって危うく落っこちるところだったけど、

体勢を立て直したくも、そこは農地の端でドロドロ。

大集団がガンガン通り過ぎて行くのでますます焦って、復帰できない。

ようやく復帰したときには集団は通り過ぎたあと。

しかも、泥がクリートに詰まって全然はまらない。

しょうがないので、ペダルをはめられないまま、下りを追走。

途中で同じく巻き込まれたニシジマ選手に追いつくも集団は

全然見えない。長い下りを終えて、鋭角コーナーを曲がった時に、

ようやく集団が見えた。

 

がーん、登り返しで長く伸びている。先頭は遥か彼方。

ああ、ジモティ藤原さんは危険を察知してたんだなー。

すぐ後ろで走れば良かった。

 

そこから、しばらくあがくものの、結局集団復帰ならず。

弱すぎる。。。

 

ここまで来て何やってんだろなーと、

がっくりしながらトボトボとアンヌプリ山麓を走る。

てっきり後ろには誰もいないと思っていたけど、

結構小集団がやってくる。

 

ここでちょっと悩む。

 

アンヌプリを越えて、あくまで完走を目指すか、

2日目、3日目にかけるか。残りコースは完全に分かっているので

そこでの消耗と天秤にかけて、結局、Bコースのスタート地点で自ら降りた。スタート待機していたヨネクロフ大佐に驚かれた。

オーベストの村上さんと再開。相変わらず元気そうでなにより。

この頃にはずいぶん天気が良くなった。

(村上さんも無事完走した)

 

結局この日は、武末選手が後続に3分差をつけて圧勝。

 

仲間内では、ヨネクロフ大佐女子クラス優勝、

DOKYUの駿君が総合7位、藤原さんがトップから17分遅れの11位、

小川さん16位、本谷さん18位、浅倉さん21位、新出さん25位、

エンガルで負けた菅原さん34位、西島君35位、

登りの強い五十嵐さんがトラブルで43位、

とDOKYUは初日にして駿君以外総合に関係なくなってしまった。

 

表彰式の頃には青空となり、羊蹄山をバックにした表彰台が

かっこいい。明日こそ表彰台に乗る!と強く心に誓う。

f:id:nupuri:20130914154018j:plain


夜は藤原さんにマッサージしてもらう。

藤原さんは何度も北海道選抜で本戦を走っているし、今回も

本来なら北海道選抜として本戦を走っている人だけど、

諸事情により市民レースの方に参加。

2日目はレースでも大変助けてもらったのだ。

宿の手配はじめいろいろやっていただき、

アウエイなのに、ホームでのレースのように快適だ。

まさに至れり尽くせり。

(day2に続く)