読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015Tour de 熊野 黒潮ロードレース day1

市民レースでは珍しい公道のステージレース、

黒潮ロードレース(UCI Tour de Kumanoのおまけレース)に

今年もやってきました。

 
去年は2日だけですが、今年は初日からエントリーして、
個人総合時間賞を狙います。
 
1日目のコースは、新宮市から熊野川を遡った
山の中の支流沿い。朝は土砂降りでしたが、
スタート前には晴れて暑くなりました。
 

f:id:nupuri:20150601195102p:plain

 

コースは沈下橋のある綺麗な川沿いに8km行って戻ってきます。途中、暗いトンネルが2箇所、E1, E2も同時に走るので対向車線に要注意です。また、集落の中の細い道や、ゴール手前1kmに狭くて短い激坂(ただし、アウターでいける)から激下り、きついコーナーのテクニカルなセクションがあって、左折してから平坦ゴールです(UCIレースとは逆側からゴール)。 

f:id:nupuri:20150601195611j:plain

黒潮は24名出走とこじんまりとしているので、実業団とは違って
ピリピリ感もなく川沿いの道を平和に進みます。
 
しかし、すぐに30秒前にスタートしたJBCF の女子6名に追いついてしまいました。黒潮の集団に普通に混ざってしまって走りにくい。
そのうち、金子選手と針谷選手がアタックのかけあいを
はじめる。それについていこうとする黒潮の選手も若干いて、
あんまりフェアな感じじゃないので、女子のアタックは放置しましょう、とみんなに提案して静観することに。
 
それで、女子の2人がちょっとは抜け出しますが、やはり遅いのでまた集団に混ざってしまい、やりにくい。なぜ、女子を黒潮の後に出してくれないんでしょうね?
 
そうこうしているうちに集落の中の狭い道を抜けて折り返し。トンネル前に登りがありますが短い。
 
帰りは逆風気味で、あっというまにコンクリートの激坂セクションへ。集落の裏山につながるただの狭い裏道なんですが、UCI レースのKOMが設定されています。その手前は一瞬入るのを躊躇するほどさらに狭い。
 
激坂セクションの入る前に先頭に出て、そのまま激坂をアウターで登ります。ちょっと危ない感じの激下りとコーナーを無難にこなして、
ほぼ先頭でS/Gへ。まだ脚はぜんぜん使っていなくて、2周目へ。
 
f:id:nupuri:20150601195219j:plain
 
やはり女子が混ざっていたけど、金子選手と針谷選手だけになっていました。1周目と似たような感じで帰路へ。残り3kmくらいで逆風をついて、4人くらいが抜けだして行きます。
 
ちょっと様子をみて、残り2kmあたりでブリッジして追いついき、5番手くらいで2回目の激坂セクションへ。まだもう1周あるので、今度はあまり踏まずに様子見します。
 
と、隙間に金子選手が「どいてっ!」
叫びつつ突っ込んできたので、レディーファーストで紳士な私は、
この周で終わりの女子の勝負をじゃましてもなあ、と思って進路を譲ってあげました。
 
KOMは平位選手の直ぐ後ろ、5番手くらいで通過。激下りは慎重な選手がいたので、安全に下ります。ゴール前の最終コーナーへ。
 
あれ?? 
 
前の選手達がなんか無意味にもがいている??
 
あれれ???
 
?マークが浮かびつつ、なんとなくゴールを通過したときに
気づいてしまいました。
 
あ、これ最終周回だ(アホ)
 
なんていうことでしょう。黒潮はE2と同じコース、距離、思いこんでいました(それは2日目と3日目だけ)。
 
最悪なことに、まったくもがかなかったせいでゴールで無意味に間が空いてしまいました。結局、5位。
 
サンレモの中西選手 --(1秒) --3人 -- (5秒) -- 私(とあと3人)
(なんとなく、私の後ろはもっと空いていたはずなんだけど?)
 
おまけに1位に10秒, 2位に6秒、3位に4秒
ボーナスタイムがつくのでした。
 
ゴールしたのにまったく息も切れてないし、
脚も余りまくっている。。。虚しすぎる。。。
 
(2日目に続く)