読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 薩摩〜熊本ロングライド day1 (その2)

薩摩〜熊本 ロングライド day 1 (その2)

大口で、道案内してくれたマルヤマさんとヤマグチさんが離脱、
人吉で、しんざとさんが離脱して、宿泊組6名で人吉市外を抜けて、
国道45?号に入り、子守唄で有名な五木村を目指す。この道は、
中止か、継続かでもめた球磨川、川辺ダムの横を通っている。
ダムはどうやら中止が濃厚らしいが、川の両側ではいまだに
道路の建設が行われている。

球磨川の水はほんとに澄んでいて、道はダム建設のせいで立派、
天気もだんだん暑くなってきたが、とても良く、快調に進む。
快調すぎて、途中なぜか練習モードになったりしてたが、
150km地点の五木村道の駅で休憩。

f:id:nupuri:20100911102909j:image f:id:nupuri:20100911101639j:image

ここから、30kmほど、本日の超級山岳、二本杉峠まで登りが続く。
道の駅であったおじさんたちによると、かなり道が狭くなるらしい。


実際、道はすぐ林道のようになってしまった。
車もすれ違えない。これ、国道? みたいな道が続く。


登りに入るとなぜか練習モードになる人たち。
まず、スーパークライマーマツナガさんがペースを
上げると、超回転男オオイシさんが食らいついて、すぐに
見えなくなってしまった。


しばらく、クニキヨさん、イチマルさんとゆっくり追いかけていたけど、
クニキヨさんがペースアップして、グルペット崩壊。
そのうち、オオイシさんが落ちてきたので、一緒に峠をめざす。


登りはきつくはないものの、オオイシさんのケイデンスがすごすぎて、
一緒のペースを維持するのがつらい。おまけに、オオイシさんは
いつなんどきでも、ケイデンスが高く、フォームも変わらない。
こちらは、ギアをかけて対抗するしかなく、すごく疲れる。
で、なんとか最後は振り切って、ちょうど12時に、
二本杉峠 1100m (180km地点)に
3番手で到着。うー、つらかった。

f:id:nupuri:20100911120448j:image f:id:nupuri:20100911121548j:image

二本杉峠からの熊本平野の眺めは絶景。
ここから800mほど一気に下る。
この道がすごく、路面は良いもののブラインドコーナーの連続。
おまけに、狭い道を結構飛ばしてくる対向車が多くて、
先頭で下っていて神経を使う。こんなところに何しに来るのかなあ?


途中で、クニキヨさんのホイール付近から謎の異音が発生したりして、
心配したけど、なんとか走れるみたい。
下りきったコンビニで昼食休憩後、残り60km。
あとは平地なので、楽勝。


。。。のはずだったけど、とにかく暑い!
峠道と違って、遮るものがなく日差しが強い。
体に水をかけながら、交通量のやや多い道を進む。
ここまでみんな調子良く来たけど、ついに、ヨッシーことナカムラさんが
遅れ気味に。最後のコンビニ休憩では、ヨッシー、ほとんど放心状態。



緩いアップダウンを繰り返して、菊池観光ホテルさんに、
15時15分に到着! 家を出て12時間、250km。
意外に近かったなあ。
コルナゴ部長さんに出迎えていただき、目的達成です。
ここのホテルは自転車乗りに慣れているので、汗臭いわれわれが
行ってもみなさんニコヤカに出迎えていただけるのでありがたい。
外には自転車ラック、自転車も鍵付きの倉庫に保管してくれるし。
もちろん、温泉も最高。
ファンライド9月号に載っていたように、阿蘇山サイクリングの
起点に最適である。
これで、ジャージ洗濯用のコインランドリーがあれば完璧:-)

f:id:nupuri:20100917142952j:image

夜は、ヘボーネンさんも参加して、自由亭にて宴会 \(^^)/
自由亭さんのマスターも奥様も、息子さんも自転車乗りで、
店内にも自転車が。

f:id:nupuri:20100911183712j:image

馬刺、マテ貝、ホルモン鍋はじめごちそうの
数々。やっぱりレバ刺は馬だな。
うー、食べ過ぎだあ。

f:id:nupuri:20100911193307j:image f:id:nupuri:20100911190214j:image
f:id:nupuri:20100911185306j:image