読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学芸会ではありません

オランダで博士論文の口頭試問に参加しました。
ちょっと珍しかったので紹介します。
まずは、別室にて、古くさーいガウン(でかい...)と
角帽と、ネッカチーフみたいのを借ります。


↓このおじさん?に先導されて、審査される人、する人が
大学の立派なホールに入ります。
f:id:nupuri:20101013090531j:image


↓審査される人
f:id:nupuri:20101013090533j:image


↓いちおう審査しているふりな人
f:id:nupuri:20101013090532j:image:w300


口頭試問は45分間つづき、ぴったり時間になったところで、
さきほどのおじさんがホールに戻ってきて、
「時間です(オランダ語?ラテン語?)」と重々しく告げ、
質問を途中で切り上げ(それが伝統なんだそう)、
別室に一旦審査団は引き上げます。


で、またホールに戻って結果を告げます。無事合格です。
(まあ、合格しない人はそもそもこのセレモニーはやらないのですが)
ひとりチビッコがいますが、オランダ人がでかいのです。
f:id:nupuri:20101013090530j:image


横の女性(もう一人いる)は、審査される人の補佐役。
f:id:nupuri:20101013090529j:image


ちなみに、左から2番目のでかい先生の奥さんは
ラボバンクの重役さんです。
アムステルダムで飛行機を降りたら、ラボバンクチームTTの写真が
でかでかと貼ってましたね。